社員紹介

企画者の想いと開発者の気持ちと、両方を最大限満たしてユーザーへ。

コンテンツ・メディア第1事業部 開発部
2011年中途入社
前職ではSIerにてキャリアを磨いていたが、数百万人規模のユーザーを誇るWebサービスとアジャイル開発に魅せられ、フリューへ。現在は「ピクトリンク」のWebサイト開発を担うチームのリーダーとして、開発業務を進めるだけでなく、企画部との調整も担う。

メンバー全員が高い意識のもと、よりよいものを目指している。そうした環境下で開発ができること自体が、働くやりがいに。

フリューのプリントシール機で撮影した画像は、インターネットを通じて「ピクトリンク」へと送られます。ユーザーは、「ピクトリンク」のWebサイトやスマートフォンのアプリでその画像をみたり、ダウンロードしたりすることができます。「ピクトリンク」の開発はWebサイトとアプリの2チームにわかれており、私はWebサイト開発のチームリーダーを務めています。業務内容はプログラミングだけではなく、サーバの設定や新型プリントシール機との通信内容の設計、サーバやデータベースのパフォーマンス・チューニング、人手による各作業をプログラムによって自動化することなど多岐にわたります。チームという観点では、主となるプログラミングを1人ではなく2人1組で作業するペアプログラミングチームで開発を進めています。全員が高い意識のもとでよりよいものをつくろうと取り組んでいるため、こうした環境下で開発ができること自体がエンジニアとしての大きなやりがいです。

自分に言い聞かせているのは、「今までそうしてきたから、で終わらせない」こと。

「ピクトリンク」のWebサイトは常にブラッシュアップしており、新しい機能や新しい技術を随時、導入しています。企画者が提案する新しい機能には、企画者自身の想いとユーザーに喜んでもらうためのアイデアが詰まっています。一方、開発者には開発者のこだわりがあります。例えば新しい技術を使うことや設計をより美しくすること、実行速度をより速くすることなどです。しかし、チームが使えるリソース(時間や費用)は限られています。開発リーダーとしては関わる人の想いをすべて満たしたいのですが、ミッションとして成功させるためには何かを諦める冷静な判断もしなくてはならず、悩ましい状況によく陥ります。そんな時、自分に言い聞かせているのは、「今までそうしてきたから、で終わらせない」こと。「今までやっていなかったからやらない」という判断をするのではなく、例え大々的には取り組めなくても、そのエッセンスだけでも試してみて、様子をみてみる。もしかしたらその先に、ユーザーの満足につながる“何か”があるかもしれない。そう期待させる情熱をもった提案をしてくれる仲間たちとの仕事は、とても楽しいです。

BACKBONE

人は変わろうと思えば変われるんだと、身をもって学んだ。

中学生の時に通っていた塾から誘いがあり、学生時代はそこで講師のアルバイトをしていました。もともと内向的で、どちらかというと人との関わりを避け、自分だけの世界に満足していました。でも、塾講師という仕事に真剣に取り組めば取り組むほど、人との関わりは避けられないものとなり、ある日、ふと思うようになりました。自分の世界を大事にするのもいいけれど、そもそもその世界はそれほど価値のあるものなのか、と。人は変わろうと思えば変われるのだと、身をもって学んだ瞬間でした。社会人になってからは積極的に行動を起こすようになりました。最近ではサンフランシスコで開催されるあるプログラミング言語の世界最大のイベントに行きたいと言い続けていた結果、上司がバックアップをしてくれて本当に参加することができました。世界中から集まった人たちから受ける刺激は非常に大きかったです。