社員紹介

企画・開発メンバーの頑張りを世に届けたい、その想いが営業のエネルギー。

プリントシール機事業部 営業部
2012年中途入社
フリューのユニークなビジネスモデルに面白さを見出し、異業種の営業職から転職。プリントシール機の営業担当として、関西と四国の一部、そして中国と九州の全域を受け持つ。年3回の新機種発売にあわせ、既存顧客に対する買い換え、上位機種の提案を行う。

プリントシール機は店舗の客層を広げることができるため、自社のみならず、お客様の利益にも貢献できる。

世の中に営業職の人はたくさんいますが、プリントシール機を扱える営業は限られます。ましてフリュー製のプリントシール機を売ることができるのは、私たちだけ。これは大きな誇りとなっています。なぜならプリントシール機は、アミューズメント施設への売上貢献のみならず、若い女性を引きつけることで明るく楽しい雰囲気を醸成し、店舗の客層を広げることにもつながるからです。このように私たち営業は、自社のみならずお客様にも幅広く貢献できる点がやりがいです。商談相手の多くは施設を運営する経営者であるため、事業を営む方々の考えや姿勢、マインドに直接触れる機会にも恵まれています。それが貴重な勉強の場となっていることもこの仕事の面白さだと感じています。その一方で、ひとりが受け持つエリアは広大で、その地域の担当は自分だけ。ルート営業が基本となるので、他社との競争も激しく、プレッシャーがないといえば嘘になります。

営業たるもの、どんな事態も前向きにとらえ、次へと活かす。

私たちが重圧をはねのけ日々頑張っていけるのは、プランナーをはじめとした開発チームのメンバーたちが、長い時間をかけて一生懸命つくっている姿をみているから。「彼ら彼女らの頑張りを、自分がお客様やその先のユーザーに届けずして、誰が届けるというのか!」。この想いこそが、私たち営業の最大のエネルギーです。もちろん、人間がやることですからミスもあれば、それが原因でお客様に怒られることもあります。それでも営業たるもの、どんな事態も前向きにとらえ、いかに次につなげられるかが腕の見せどころだと考えています。怒られている時は辛くとも、その出来事があったから、お客様も自分のことを覚えていてくれる。ピンチはチャンスと信じています。私は開発メンバーや、苦楽をともにする営業部のメンバーが大好きです。だからこそ、自分が中心となってさらに営業部をパワーアップさせ、フリューが大切にする想いというものを、素直さと感謝の気持ちをもって多くのお客様、その先のユーザーへと届けていきたいと思っています。

BACKBONE

一生懸命に練習しないとできないだけに、その達成感が気持ちよかった。

学生時代にストリートダンスをはじめて以来、すっかり夢中に。今もメンバーと集まっては、時々練習しています。はじめたキッカケこそ、モテたい、目立ちたい、という不純な動機でしたが(笑)、とくに私がハマったブレイクダンスは、時間をかけて一生懸命に練習しないとできないだけに、いつしかその達成感を求めるようになっていました。個人だけでなくチームで踊るプログラムもあり、仲間と一緒に何かを達成する、やり遂げることの面白さも、私が熱中する理由となりました。実はフリューという会社は、何かに真剣に取り組んできた人たちばかり。そうしたパワーや経験をうまく仕事に活かしている姿をみる機会も多く、自然と自分も励まされ、仕事へのモチベーションにつなげることができています。