社員紹介

自らのこだわりやアイデアを活かし、お客様のこころを動かすものを。

プライズ事業部 企画開発2部
2012年新卒入社
興味のある事業か否か、福利厚生が充実しているか否かを基準に就職活動を進め、フリューと出会う。プライズの企画開発担当者として、自らの企画に基づき版権元や生産工場と交渉を重ね、お客様のこころを動かす商品づくりを目指す。

自分が考える「こうしたい!」を商品化し、それがお客様に喜ばれた時、このうえない達成感を感じる。

フリューが扱っているプライズは版権もののキャラクターがほとんどで、コア系(アニメ系)、ファンシー系、アーティスト系と大別でき、私の担当はアーティスト系がメインになっています。まずは自分のアイデアをもとに仕様や販売数量、売り上げ見込みなどをまとめ、版権元の同意を得たうえでサンプルを作成。修正を繰り返し版権元の認可が下りた後、量産へと入るのですが、この過程においては様々なハードルが待ち構えています。各キャラクターにはそれぞれイメージがあり、それを損ねないデザインに収めながら、お客様のこころを動かしていく必要があります。また、輸入業でもあることから、世界情勢や為替相場を踏まえた材料調達、工場発注も求められます。これらすべてを考慮したうえで、お客様を満足させ、版権元と自社の利益へとつなげなければなりません。色々なことが絡み合った複雑な仕事なのですが、だからこそ、自分が「こうしたい!」と思って商品化できたものがお客様に喜ばれた時は、このうえない達成感を味わうことができます。

どんな時でも根気強く丁寧に、常に相手への敬意を忘れることなく。

前述のような様々な制約の中でも、各担当者は自分の個性を発揮しています。私自身は“色”にこだわりをもっており、あるキャラクターのぬいぐるみをつくる際、使用できる色が限られる中、素材を工夫することで異なる色味を演出した新しいバージョンを提案。最初は版権元も難色を示していましたが、サンプルの出来栄えに納得していただけました。その見た目とは裏腹に、素材の部分で低コスト化を実現したことで社内からも評価され、おまけにその商品がヒット。いつもこのように事が運ぶといいのですが、提案した企画に対して、社内や版権元から異論を唱えられることも少なくなく、悔しい思いをすることもよくあります。それでも私は、根気強く丁寧に、常に相手への敬意を忘れることなく、企画を出し続けていきたいと思います。そうした誠実な姿勢、失わない情熱こそが、お客様のこころを動かす商品へとつながると思うからです。

BACKBONE

「人に何かを教える」ことで、人との関わりを大切に思うようになった。

いずれ家庭において人の親となり、会社においても後輩や部下をもつことを考えた時、「人に何かを教える」というスキルはきっと役に立つだろう。そのためには専門科目を教えるための勉強よりも、人を育てるための勉強をしたほうがいいだろう。そのように考え、私は教育学部の児童教育学科に進学しました。必要とされる知識を体系立てて学ぶ一方、そのスキルを実際に身に付けるべく、教育学部で開催される様々な行事の企画、運営を担う組織に入り、後輩の指導・相談役を買って出ました。また、アルバイトでもマネージャーという立場を経験したことで、実社会での指導育成法の一端に触れることができました。こうした経験を通じて、人との関わりを大切に思うようになったことは、社会人になってからも仕事の中で活きています。